リフォーム業者を装う「リフォーム窃盗」に要注意!

リフォーム窃盗の手口

これはリフォーム業者が窃盗を行うということではありません。

リフォームを施行しているときに、ちゃんとしたリフォーム業者がその日の作業を終えて帰った後に、

リフォーム業者を装って、堂々と近づき窃盗を働くという手口です。

作業服を着ているのでご近所から怪しまれない

ちゃんとしたリフォーム業者が帰ったあと、窃盗団はリフォーム業者を装うために作業服を着て、

あたかも少し遅くまで作業していますよ、打ち合わせしていますよというように装います。

ご近所の方もリフォームの工事中ということはわかっているので、そんなに怪しまないというのがこの手口の盲点。

リフォーム窃盗を防ぐには

まず信頼できるリフォーム業者を選ぶこと。

次にリフォーム業者に作業開始と作業終了の連絡をきちんとしてもらいます。

また、リフォーム業者によってはご近所にもリフォームでご迷惑をおかけすることもあります

と一言断りの声かけをしてくれるところもあります。

そうやっている業者さんの場合、ご近所の人も、リフォームをしている作業員の人を覚えてもらえるため、

見知らぬ作業員や作業服だった場合に怪しいと思ってもらえるでしょう。

そして鍵の管理は自身でしっかりしましょう。

信頼できるリフォーム業者をしっかり選ぶ

信頼できるリフォーム業者をしっかりと選ぶことが防犯という点でも重要になります。

丁寧に説明してくれて、お客様の意見を聞き、

ご近所への声かけや開始・終了の報告、作業の進捗状況の説明をきちんとしてくれる、業者を選びましょう。


お住まいのリフォーム施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼の住宅リフォーム会社「あうん工房」

沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで

お気軽にご相談下さい♪

沖縄でのキッチンリフォームの実例

既設キッチンの位置を移動させて、カウンタ-を造作して対面キッチンを造りました。

メ-カ-の対面キッチンを使わず造作でカウンタ-を造ることによって、コストを抑え

間接照明や窓側にキッチンを持ってくることによって、明るいキッチンを造ることが出来ました。

施工例をご紹介します。

施工前

 


おすすめのキッチンリフォーム施工事例がお気軽にご覧になれます。

おすすめのキッチンリフォーム施工例

お住まいのリフォーム施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼の住宅リフォーム会社あうん工房

沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで

お気軽にご連絡下さい♪

外付けブラインドで光と風とともに暮らす

外付けブラインドはおすすめ

外付けブラインドとは窓の外側に取り付けるブラインドです。

日光が室内に入る前に遮ることができるので、夏は室温上昇を防ぎ、冷房効果を高めます。

冬には太陽光を効果的に取り込み、室内の空気を暖め、暖房効果をあげることもできる優れものです。

採光×通風 室内に心地よい光と風を取り入れる

夏は窓の外にブラインドを取り付けることで日射を遮り、室内の温度上昇を防ぎながら心地よい風を通します。

冬は、スラットの角度を調節して暖かい光と風を効率的に取り入れます。

断熱×省エネ 外気の侵入を防ぎ、室内の熱をまもる断熱性能で冷暖房効率アップ

熱は常に温度の低い方へと動いています。

冬は窓を通じて室内から室外へ熱が逃げてしまいます。

中でも窓から逃げる熱は 45%を占めています。

外付けブラインドは、室内の断熱性能を高めるとともに外気の侵入を防ぐことで断熱効果を高く保つことができます。

外付けブラインドは、日射の侵入と温度の上昇を窓の外で防ぎ、室内の温度を逃さないエアクッションの役割を持っています。

冷房負荷を下げ、暖房効果を高く保ち、高い省エネ効果を生み出します。

日射遮蔽×プライバシー

日差しと外からの視線を同時にブロック

室内ブラインドカーテンは、太陽光や外からの視線から室内を隠すために取り付けられていますが、

夏季は日射しを受けて室内ブラインドの表面温度が上昇し、室内が短時間でとても暑くなってしまいます。

熱の侵入路

外からの熱は、窓ガラスや屋根、壁から伝わってきますが、

一番熱の伝わりが大きいのが窓で、そのほとんどが日射です。

窓からの太陽熱の侵入は、なんと 73%にものぼります。

外付けブラインドを設置する事により、窓の外で日射を遮蔽し、

室内への熱の侵入を防ぎ、お部屋を涼しく保つことができます。

また、稼働するスラット(羽根)の角度を変えることにより、自然の光を取り入れながら風を通し、

近隣の視線を遮ってプライバシーを守ります。

しかし、デメリットもいくつかあります。

  • 高価である
  • 付け外しが難しい
  • 電動の場合は、壊れる可能性がある
  • 高い場所に設置すると掃除がしにくい

メリットやデメリットもしっかり考えて、自分の家に適した日射遮蔽グッズを選んでくださいね♪


お住まいのリフォーム施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼の住宅リフォーム会社「あうん工房」

沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで

お気軽にご相談下さい♪

家を長く快適に「長寿命化リフォーム」とは

注目されている「長寿命化リフォーム」とは

せっかく家を建てたのだから、快適に、そしてより長く住みたい。

それは誰もが思うこと。

それを実現させるために生まれた考えが「長寿命化リフォーム」。

長年住み続けると、家も年老いてきて、いろいろなところが劣化してきます。

それを軽減・改善させるために、定期的な点検と維持管理、

リフォームを行うことで、長期間、快適に住み続けることが可能となります。

さらにお子さんの世代、お孫さんの世代に合った長寿命リフォームを実施し、

継続的に維持管理をすることで、その住宅が長く住み続けられていくのです。

長寿命化リフォームのすすめ方

長寿命化リフォームは「診断・企画・長寿命化リフォームの実施判断」、

「長寿命化リフォームの設計・工事」、「長期にわたって定期的な点検・維持管理を行う」の3つの段階で進めていきます。

長寿命化リフォームを行うことが妥当と判断され、

具体的な設計・工事を行う際には「耐震性能」や「省エネ性能」、「バリアフリー性能」など、

基本性能の向上を考慮することが重要になってきます。

リフォームすることは賢い方法

人のライフスタイルは時間の経過とともに、ご家族の成長とともに変わるものです。

住む人の年齢や人数が変われば、それに適した快適な住まいが必要になります。

ライフスタイルは変わるのに、家は変わらない。

そうなるとどうしても人がそれに合わせて、その負担を負わなければなりません。

状況に合わせて、そのときに適した、快適な生活空間を作ること。

その空間の中で愛する家族とともに過ごすこと。それが賢い生き方だと思いませんか?

わからないことがあれば相談してみる

沖縄でリフォームするなら、沖縄の事情に詳しい沖縄のリフォーム業者に頼むのが一番。

リフォームのことでわからないことがあれば、リフォーム業者に気軽に相談してみましょう。

まずは、どの部分に不満があるのか。

それをどうしたいのか。

その相談から賢い生き方が開けます。


お住まいのリフォーム施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」

沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで

お気軽にご相談下さい♪

中古住宅購入とリフォームの資金を一括で

中古住宅人気を後押し!一体型ローン

国交省の統計によると、中古住宅の流通のシェアは平成2年 5.5%から平成20年には2倍以上と上昇傾向にある。

さらに平成21年には首都圏の中古マンションの流通量を後押しする住宅資金とリフォーム資金が一括で借りられるワンストップサービスが徐々に広がっている。

中古住宅購入+リフォームをまとめて1本のローンに

中古住宅を購入する人向けに、あらかじめ住宅ローンにリフォーム資金をセットして申し込める新たな購入方法があるのを知ってますか?

国が中古住宅市場の活性化に向けて注力しはじめ、金融機関が中古住宅購入者向けの新たな一体型ローン商品の扱いを増やしています。

従来のリフォームローンではカバーできないケースも

従来からあるリフォームのローンといえば、教育ローンなどと同じように単独型で、無担保貸し付けです。

そのため、中古住宅の購入者は、住宅ローンとは別途にリフォームローンを組まないといけないケースが多かった。

住宅ローンと比較すると変動、固定とも金利は高く、借入可能金額も少なく返済期間も短いです。

大体どの金融機関でも借入可能金額は500万が上限、返済期間も15年が最長。

だが中古住宅の購入者には築年数の古い安価な住宅を購入し、その一方自分好みの高価な全面リフォームを行う場合もあり、

従来のリフォームローンではカバーしきれないケースがしばしば見受けられていました。

一体型でリフォーム融資がお得に

それに対し、一体型ローンは購入する物件を担保とする住宅ローンの一部としてリフォーム融資を組み込んだ形だ。

みずほ銀行の場合、金利は通常の住宅ローンと同様、借入可能金額も購入、リフォームと合わせて1億円まで、返済期間も最長35年。

中古住宅の築年数による借入期間の制限もなく、購入資金とリフォーム資金の支払い時期が異なる場合の分割融資も可能です。

住宅ローンのメリットを最大限にリフォーム資金に生かせるようになっています。

例えば、みずほ銀行で中古住宅購入資金として1500万、リフォ-ム資金として500万借りる場合、

従来の別々に借入を行うケース(住宅ローン30年変動金利0.875%、リフォームローン15年固定金利5.25%*いずれも平成24年11月末現在)では、

最終的な金利を含めた支払金額は2429万9549円、金利総額429万9549円。

しかし、これを一体型で借り入れるケース(住宅ローン30年変動金利0.875%*同11月現在)にすると

最終的な支払金額は2274万8646円、金利総額部分で155万円余も安くなり、かなりお得です。

加えてリフォーム資金の500万円も30年の返済期間で借り入れできるため、月々の返済額を減らす事ができます。

また、手続きもまとめてできることを考えると利用者にとってメリットは大きいです。


お住まいのリフォーム施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」

沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」にお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで

お気軽にご相談ください♪

仏壇リフォームで換気扇は必要?不必要?

沖縄の年中行事に不可欠な仏壇

日本の仏教の文化とは少し違い、沖縄は古くから祖先崇拝が根付いています。

今、私達がこうやって幸せに生きて行けてるのも、親や祖父母、曾祖父母の存在があったから。

そういう考えってとても大事ですし、とても身近に感じる考え方ですよね。

お正月やお盆といった親戚のみんなが集まるときでも、団欒するのは仏壇がある和室。

「大きくなったね、いくつ?」「まぁ結婚したの?」と楽しい会話が聞こえてきます。

沖縄にとって仏壇とその部屋は切っても切れない関係です。

換気扇がついた仏壇

最近の仏壇には換気扇がついていることがごくごく普通になってきました。

ちょっと前までは、お盆になると親戚が次から次へとお供えものを持ってきて下さり、

そのたびに線香をたき、部屋中が煙りで充満してしまい、「目が痛いから窓あけようね」なんてよく言ったものです。

ですが、最近では換気扇が仏壇の上部についており、スイッチ一つで排気してくれるのでとても便利になりました。

おばあの知恵袋「線香のけむりは防虫対策!?」

「最近の仏壇は換気扇がついてて便利だよ」とおばあに話すと、おばあがこんなことを言っていたのを覚えてます。

「換気扇なんていらないよ。線香のけむりで虫がいなくなるんだよ。」その言葉に驚きました。

線香のけむりといえば、お盆や正月のたびに家の中がけむりでもんもんとするので

換気扇があったらいいのになぁと考えていたのですが、そういう効果もあるのかとびっくり。

その効果が本当かどうかはわかりませんが、実際に仏壇のリフォームのときに換気扇を望まない人がいました。

でも個人的には設置はしておいて、来客がたくさんいるときは換気して、

少しのときは使わないなど、要所要所で使ったらいいのではないかと思います。

あなたは換気扇必要ですか?不必要ですか?

沖縄でリフォームするなら信頼できるリフォーム会社

「あうん工房」にお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで

お気軽にご相談ください。

ホームページにお住まいのリフォーム施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)