リフォームで部屋が狭い悩みを解決!

生活する空間は、ある程度広い方が居心地よく暮らせますが、

家の事情もあり、限られた空間でやりくりするということが多いですね。

そんな場合、家の面積は広げられなくてもリフォームで生活空間を増やしたり、

広く見せる、スッキリ見せることはできます。

そこで、今回は、リフォームで部屋が狭い悩みを解決する方法をご紹介します。

☆造りつけ収納をつくり、置き家具を減らす

リフォームで収納を増やし、大きな家具を処分することで部屋が広く使えます。古い住宅には造りつけの収納スペースが少ない場合が多く、押し入れも奥行が深く使いづらいので、押し入れをクローゼットに変更することで、大量の洋服が収まり、又、壁一面に奥行きの浅い収納を設けることで収納量を増やすことができます。壁と一体化させることで、圧迫感もなく、スッキリ広く見えます。

壁面収納を設けて空間を有効活用するのもおすすめです。
わずか30cm壁面を凹ませるだけで大容量の収納スペースを作ることができま
す。天井に垂れ壁を設けず、天井から床までの扉を壁と同じ色にすると閉めてい
る時に存在感をなくすことができ、スッキリします。

☆無駄な廊下をなくす

人が通るためだけのもったいない空間になっている廊下は、

可能であれば、なくすと居室をもっと広く使うことができます。

廊下をなくすことで広々と使えたり、収納を増やせるだけでなく、採光や通風な

ども良くなります。

☆子供部屋の狭さはロフトで解消

子供が成長して部屋が手狭になってしまった場合、ロフトを設けてスペースを増やす方法があります。ロフトをベッドとして使ったり、ロフトの下に勉強机を置いて使ったり、クローゼットにしたり、スペースを確保することができます。

S邸(2世帯リフォーム)

☆視覚効果で広く見せる工夫をする

1、段差をなくし、バリアフリーにする。

2、下がり壁を設けない。

天井を続けることで一体感を出し、広く見せることができます。

同じ色、素材で連続させると更に効果大です。

3、大きな鏡を設ける。

天井から床までの鏡を設けることで空間が連続して見える錯覚を起こすので、

広く見えます。玄関に鏡があると広さを感じられるだけでなく、

お出かけ前の全身チェックもでき、おすすめです。

4、カーテンをシェードに変える

カーテンは、存在感があり、部屋を狭く見せます。

シェードにすれば窓回りがスッキリして部屋を広く見せます。

壁に近い色を選ぶと存在感を消すことができ、よりスッキリします。

5.リビングから外のデッキスペースにつながる空間をひと続きに見せる

リビングの掃き出し窓から見えるデッキスペースの床を家の床の高さと合わせ、

床の色もある程度合わせることで、リビングが広くなったように感じられます。

A邸(2世帯リフォーム)

天気の良い日には、窓を開放して広いリビングとしてくつろぐこともできます。

広いデッキでバーべキューもいいですね♪

お住まいのリフォームの施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」


沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152  まで(^-^)

リフォームで部屋が薄暗い悩みを解決!

昼間でも部屋が薄暗くて電気をつけて過ごしているという

悩みを持つご家庭は意外と多いようです。

今回は、そのお悩みをリフォームで解決する方法をご紹介します。

☆高い位置に窓をつくる

高い位置に窓があると部屋の奥まで光が差し込むので、

部屋全体が明るくなります。

又、高い位置に作ることで、外からの視線を気にせず、

明るさを取り込むことができます。

☆壁を撤去する

外に面している部屋が続いていて壁で区切られて薄暗くなっている場合、

壁を撤去するだけでも光の入る範囲をかなり大きくできます。

光を取り込みたいが部屋を区切りたい場合は、

壁でなく目線を隠せて光を取り込めるルーバーで、

部屋と部屋をゆるやかに区切るのもおすすめです。

A邸:2世帯リフォーム工事 玄関部分にルーバー

玄関横の部分にルーバーで目隠しを作りました。

ルーバーは、光を取り入れつつ、インテリア性も高いので、おすすめです。

お住まいのリフォームの施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」


沖縄でお住まいのリフォームに関することなら、

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで(^-^)