失敗しない!リフォームのすすめ方

家のリフォームを考えているけれど

・何から始めたらいいか、どこに頼んでいいかわからない。

・やろうとしているリフォームの相場がどれくらいかもわからないし、

悪徳リフォーム業者に騙されたりしないだろうか。。など

リフォームに対して不安に思ったり、躊躇する方は多いのではないでしょうか。

せっかく、お金と時間をかけてリフォームをするのですから

絶対、失敗したくないですよね。

そこで、今回は、失敗しない!リフォームをするために

リフォームを考えてから完成までの流れと注意点についてご紹介します。

リフォームを考えたら、理由と目的を明確にしよう

リフォームを考えたら、まず始めに日常生活で困っていること、

不便なこと、リフォームで改善したい点など

リフォームをすることで、どうなってほしいかをリストアップしていきます。

例えば、お風呂が古くなったから新しくしたい、できれば、浴室乾燥機も付けたいなど。。。

リフォームをしたい箇所が複数ある場合は、その中で優先順位を決め、

今、一番必要なリフォームが何かを明確にしておきます。

そうすることによって、削っていい所とここだけは譲れない部分がハッキリするので

予算内で満足のいくリフォームができます。

又、紙に書き出しておくとリフォーム業者に相談する時に

希望が伝わりやすく伝えもれを防ぐことができます。

リフォーム完成後のイメージを考える

リフォーム内容が決まったら、完成のイメージを考えておきましょう。

例えば、キッチンだったら、各メーカーからいろいろなタイプのキッチンが出ているので

写真やカタログ、実際にショールームで見たりして、

希望する大体のイメージを見つけておくと話がスムーズに進みます。

理想とする内装も雑誌の写真をスクラップしたり、

インターネットの画像などを保存して共有できるようにしておくと

要望をより具体的に伝えることに役立ちます。

家族でよく話し合い理想の住まいの形を決めましょう

リフォームの内容や完成のイメージは、家族でよく話し合っておきましょう。

家族の希望がバラバラだと統一感のないチグハグなリフォームになったり、

後から不満が出てくることもあるので、よく話し合い、

希望の住まいの形を一致させておくことが大事です。

予算を決めましょう

希望するリフォーム内容の相場をインターネットなどでも良いので、

おおまかに情報収集し、大体で良いので、

今回のリフォームにかけられる上限の予算を決めておきましょう。

大規模修繕などの場合には、仮住まいやトランクルームなどの費用が必要なこともありますし、

きれいになったお部屋に合わせて家具やカーテンを買い替えたり、

リフォーム以外の費用が必要になることもあります。

手元資金でリフォームするのか、ローンを検討するのか、

生活に無理のない範囲で予算を考えると良いです。

ローンを検討する場合は、金融機関のホームページなどで

毎月の返済額と利息額などのローンシュミレーションがあるので

かけられる費用の上限の大方の目安を知る事ができます。

リフォーム業者の情報収集をし、その中から数社ピックアップする

インターネットで地域のリフォーム業者を調べ、ホームページなどから情報収集します。

完成見学会やリフォーム相談会がある場合は、足を運んでみるのも良いと思います。

この際の選ぶポイントをご紹介します。

(1)近くのリフォーム業者

リフォームは、完成したら終わりではなく、

アフターフォローなど完成後もお付き合いが続きます。

その時に気軽にすぐ来てもらえる距離にあるということは、とても重要です。

工事施工中も現場が近いと、打ち合わせや現場管理が行き届きやすい

というメリットがあります。

(2)やろうとしているリフォームと同様の施工実績があるか

お願いしようとしているリフォームについて、

慣れていない所に依頼すると下請けに丸投げされたり、

現場管理が行き届かないことがあるため、施工実績を確認しておくと安心です。

(3)リフォーム専門の会社(本業)

近年は、リフォーム業が参入しやすいせいか、

ホームセンターや不動産業者、家電量販店など多くの業界が参入していますが

実際に自社でリフォームを行っていない会社の場合、

下請け業者(リフォーム業者や工務店)へ丸投げという所も多く、

連絡や双方の責任の所在が不明確になりやすく、トラブルの原因になることもあります。

全国的にCMが流れるような大きな会社も同様で、企業の多くは、

リフォーム業者を下請けに使い、会社は集客窓口になっているケースが多く、

又、大手は、高い広告コストや店舗運営費がかかるため、

同じリフォーム内容でも割高になることが多いです。

又、リフォームは、新築より簡単に思われがちですが、

実は、新築より難しい一面がりあります。

新築は、誰も住んでいない状態で、一から作りあげていきますが、

リフォームは、解体してみないと分からない部分があり、

現場ごとに状況が違うので、マニュアル通りに進めれば出来上がりという訳にはいきません。

そのたびに使用する材料を変更したり、納まりを変更したりと

臨機応変に対応する応用力と判断力が求められます。

リフォームの場合、住みながら施工することもあるので、

新築以上に施主への気遣いや配慮も必要になります。

新築をやっている会社だからリフォームも安心だろうというのは、違うのです。

リフォーム業にはリフォームの豊富な経験が必要なのです。

(4)地域密着のリフォーム業で10年以上続いている会社

地域密着の良さは、その地域の地域特性に詳しく、

打ち合わせや施工面、アフターフォローの面でもフットワークの軽さが期待できます。

大手メーカーに比べて、同じ工事でもコストを抑えられるという面もあります。

又、地域で10年以上存続しているということは、問題なく仕事ができている証になるので、

安心して任せられる目安になるでしょう。

(5)建設業許可証を取得している会社

リフォームの場合、工事請負金額が500万未満であれば、資格が必要ないので、

業者の中には、資格なしでやっていたり、

経験が十分でない中、リフォーム業を行っている業者もあります。

リフォーム業者を選ぶ際、建設業許可を取得しているかどうかも

安心できる業者を見極める1つの要素になります。

なぜなら、建設業許可を得るには、営業所ごとに資格を持つ技術者を置くことや

法令に違反していないこと等が条件になるからです。

大規模改修工事の場合は、建設業許可があるかどうかも確認しておくと安心です。

これまで、リフォーム業に携わる中で、数多くの失敗例を見る機会がありましたが

その中で気づいたことがあります。

それは、失敗している方の多くは、知り合いだから大丈夫だろうと

よく調べもしないで依頼していたり、金額の安さだけを見て依頼していたりします。

先程も触れたようにリフォームは、専門的な知識と経験、応用力が求められます。

同じ材料や器具、設備を使っていたからといって、完成度は同じになるとは限らず、

どこも同じだろうと、ただ、金額だけを見て決めると失敗につながります。

失敗しないリフォームをするためには、リフォーム業者選びがとても重要です。

失敗しない!リフォーム業者選びについて、詳しくは、コチラでもご紹介しています。

https://reform-okinawa.com/?p=906&preview=true

選んだリフォーム業者に電話で現場調査の依頼をする

情報収集して選んだ3社ほどに電話問い合わせをし、現場調査の日程を予約します。

・リフォームする家の住所

・検討しているリフォームの内容

・家の状況(戸建かマンションか、築年数や広さ、構造など)

・予算

・工事時期の希望があれば、時期も伝える

以上のことをお話して、現場調査の日程を組んでもらいます。

現場調査

現場調査で実際の家の状態、希望するリフォームができるかどうかなどを見てもらいます。

現場調査の際には、家の図面を用意し、予算や要望は、具体的に伝えましょう。

たまに初対面の業者に警戒して、情報をあまり出さない方もいますが、

それだと業者側も遠慮して、金額を低めに設定した最低限のプランしか

提案できないという事が起こります。

普通の良心的な業者であれば、なるべくお客様のご予算に合った最適なプランを

作りたいと考えているので、考えている要望や予算はしっかり伝えた方が

満足のいくプランを提案してもらえるでしょう。

プランと見積書を比較・検討し、依頼する業者を決める

大体2~3週間で、リフォーム設計図面と見積書ができるので、

相見積した各社のプラン及び見積書を比較・検討していきます。

金額に加え、工事の内容、使用する材料や設備、工期などを確認していきます。

具体的な施工内容や方法など細かい部分まで比較することは難しい面もありますが

担当者に説明してもらうことにより、担当者の誠実さや人間性、

実力をしっかり見て比べることができます。

担当者の説明がわかりやすく、理にかなっているということは、

仕事をわかっているということですから、安心して任せられる目安になります。

ここで気をつけたいのが契約だけ取れればいいと考えている担当者です。

ただ、契約を取りたいだけの担当者の場合、

提案するプランや見積書は契約が取れるもので、

伝えるべきことがあっても自分に不利になるようなデメリットは伝えず、

将来の快適な生活を無視したプランということが起こります。

質問しても曖昧な返事で誤魔化したり、何でもできると無責任な発言をし、

値下げ交渉にも簡単に応じるような担当者は注意した方が良いです。

それに対して、誠実な担当者は、契約を取りたいのは山々だけれども

自分の不利になるようなことでも必要なことは、きちんと伝え、

できないことは、できないと正直に話をします。

提案するプランも将来の快適な生活を前提にしたプランを提案します。

安易に値下げ交渉に応じることは、工事の質を下げることにつながるので、

簡単に応じることはなく、適正価格で勝負します。

じっくり、各社の担当者から話を聞いて判断することが大切です。

各社のプラン及び見積もりを比較・検討したら、

その中で、内容が一番理にかなっており、

納得できる予算内で自分達の希望を叶えてくれそうな会社、

担当者が信用でき、何でも率直に話しやすいなど

相性が良いと思える会社を選ぶと良いです。

依頼する業者が決まったら、詳細な打ち合わせをします。

打ち合わせの中で、プランの微調整が必要になることもあるので、

気になることや希望や率直に伝え、プランの再作成をしてもらいます。

工事の追加や変更による予算オーバーを防ぐためにも

追加や変更時の対応、アフターフォローなどについても確認しましょう。

又、リフォームで使用する予定の設備や機器、建材は、

ショールームで実物を見て、使い勝手やサイズ感、カラーや質感などを確認しておくと

後で「イメージしていたのと違っていた」ということを防ぐことができます。

契約

プランが確定したら、「工事請負契約書」で正式に契約を結びます。

何度もプランの変更を繰り返している場合、

希望を入れ忘れていたり、担当者との認識のズレが生じる場合があるので、

内容はよく確認し、不明な点は小さなことでも確認しておきましょう。

契約書には、施主の名前、住所、リフォームの内容、期間、費用、

支払い方法(着手金、完了金など)、約款が記載されています。

着工前(工事スタート前)

(1)仮住まいが必要な場合は、事前に準備します

大規模改修工事など完成までの間、別の場所に仮住まいをする必要がある場合、

荷物をトランクルームに預ける場合は、早めにその手配をしておきます。

(2)近隣へのご挨拶

工事期間中は、工事車両の出入りや騒音、ほこりなどで

近隣に迷惑をかけることもあるので、事前の挨拶まわりをします。

通常は、現場監督が近隣トラブルとならないように

工事期間や内容を伝え、挨拶回りをしますが、

必要な場合は、施主からも挨拶回りをお願いすることもあります。

確認しておくと良いでしょう。

着工(工事スタート)

工事中は、プラン通りに進んでいるか、可能な範囲で現場を見に行くことをおすすめします。

途中でコンセントを増設したい、収納をもっと増やしたいなどの要望が出てくることもあります。

気づいたことがあれば、早めに担当者に連絡して対応してもらいましょう。

完成した後から壊してやり直すとなると追加料金が発生してしまいますが

作っている途中の早い段階でできれば、追加料金なしでできたり、

少しの追加料金で済んだりします。

工事完成・引渡し

工事が終わったら、現場監督が工事の仕上がりを確認し、

問題がなければ、引渡し前に施主と担当者で確認します。

気になることがあれば、その場で伝え、気になるところの調整や修正をしてもらいます。

最終確認が済んだら、引渡しとなります。

リフォームは、工事が終わった後もアフターサービスなどで業者との関係は続きます。

信頼できる業者と良い関係を築いておくことは、

住まいの困りごとがある際に気軽に家の相談ができますし、

長いお付き合いの中で、我が家の弱点やクセもわかってもらえるので、

家のホームドクターのような維持管理のアドバイスをしてもらうこともでき、

心強いパートナーとなるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

リフォーム業に携わっている経験の中から現実的な視点で

失敗しない!リフォームのすすめ方をご紹介しました。

少しでも満足のいくリフォームを実現するための参考にしていただければ幸いです^^

カテゴリー リフォーム情報 タグ .