使いやすい階段のこと

今回は、使いやすい階段についてのお話です。

一般的な住宅の階段の規定は、「幅75cm以上、蹴上23cm以下、踏面15cm以上」と

かなり急な勾配でもOKとなっていますが、

逆に一番規制が厳しい小学校の階段は、「幅1.4m以上、蹴上16cm以下、踏面26cm以上」と

だいぶ緩やかな階段となっています。

上り下りしやすい階段は、幅90cm、蹴上16cm以下、踏面30cm以上を目安に考えていますが

設置する空間の広さなども考慮しながらになるので、その空間に合った使いやすい階段を作っていくことになります。

階段の手すりをつける位置は、一般的に

大人用の手すりは、高さ70~80cm程度、

子供用の手すりは、高さ60cm程度が良いと言われています。

高齢者と子供が一緒に住む場合は、大人用、子供用と上下2段につける方法もあります。

階段の踊り場の役割は、安全面が大きいです。

誤って足を滑らせて階段から落ちた場合、踊り場がなければ、勢いが止まらず

下まで落ちる危険性があるため、踊り場は、勢いを止める役割を果たします。

安全面は、特に大事なポイントですね(*^-^*)

階段のお話でした♪

 

<外階段の施工例>

・完全2世帯リフォームで外階段設置例

 

ぜひぜひ、我が家に合った理想のマイホーム作りを実現してくださいね♪

 

 


 

多数のリフォーム施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼の住宅リフォーム会社「あうん工房」

 

 

沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで

お気軽にご相談ください(*^-^*)

Posted in リフォーム, 情報 and tagged , , , .