沖縄でリフォームをする際に知っておきたいリフォームのすすめ方について紹介します。沖縄でリフォームをするなら信頼できるあうん工房へご相談ください。

失敗しない!リフォームのすすめ方<契約~完了編>

前回、リフォームを依頼する会社を決定するまでの<準備編>をご紹介しました。

失敗しない!リフォームのすすめ方<準備編> | 沖縄のリフォーム情報サイト (reform-okinawa.com)

今回は、引き続き、依頼する会社を決定した後のリフォームすすめ方を

失敗しない!リフォームのすすめ方<契約~完了編>として、ご紹介します。

契約

依頼するリフォーム会社が決定し、打ち合わせでプランが確定したら、

「工事請負契約書」で正式に契約を結びます。

契約書には、契約金額、工期、引渡日、支払い方法、契約約款(契約条件)

などが記載されていますが、契約書だけでなく、見積書や図面なども合わせて再確認しましょう。

何度もプランの変更を繰り返している場合、希望を入れ忘れていたり、

担当者との認識のズレが生じる場合があります。

内容はよく確認し、不明な点は、小さなことでも確認しておきましょう。

リフォーム後、不具合が出た場合の保証内容についてもしっかり確認しておきましょう。

着工前(工事スタート前)

(1)仮住まいが必要な場合は事前に準備

大規模改修工事など完成までの間、別の場所に仮住まいをする必要がある場合、

荷物をトランクルームに預ける場合は、早めにその手配をしておきましょう。

(2)近隣あいさつ

工事期間中は、工事車両の出入りや騒音、ほこりなどで、

近隣へご迷惑をおかけすることがあるので、現場監督が近隣住民へ

工事期間や内容、連絡先などを伝え、挨拶まわりをします。

着工(工事スタート)

工事中は、プラン通りに進んでいるか、可能な範囲で現場を見に行くことをおすすめします。

途中で、コンセントを増設したい、収納をもっと増やしたいなどの

要望が出てくることは、よくあります。

気づいたことがあれば、早めに担当者に連絡して対応してもらいましょう。

完成した後から壊してやり直すとなると追加料金が発生してしまいますが、

作っている途中の早い段階でできれば、場合によっては、追加料金なしでできたり、

少しの追加料金で済みます。

完成・引渡し

工事が終わったら、現場監督が工事の仕上がりを確認し、

問題がなければ、引渡し前に施主と担当者で確認します。

気になることがあれば、その場で伝え、気になるところの調整や修正をしてもらいます。

最終確認が済んだら、引渡しとなります。

リフォームは、工事が終わった後もアフターサービスなどで業者との関係は続きます。

信頼できる業者と良い関係を築いておくことは、

住まいの困りごとがある際に気軽に家の相談ができますし、

長いお付き合いの中で、我が家の弱点やクセもわかってもらえるので、

おうちのホームドクターのような維持管理のアドバイスをしてもらうこともでき、

心強いパートナーとなるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

リフォームに携わっている経験の中から現実的な視点で、

失敗しない!リフォームのすすめ方<契約~完了編>をご紹介しました。

少しでも満足のいくリフォームを実現するための参考にしていただければ幸いです^^

リフォームの施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄でリフォームは那覇にある【株式会社 あうん工房】へ | 沖縄住宅リフォームで多数の実績 (aunkoubou.com)


沖縄でリフォームのことなら

(株)あうん工房へお気軽にご相談ください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで^^

カテゴリー リフォーム情報 タグ .