ガラスブロックで明るさをとりこみ視線をカットする

マンションの場合、

リビングやダイニングを南側に優先するため、

寝室を北側にすることが多く、

寝室の窓は、マンションの外廊下側になるので、

明るさが望めないことが多いですね。

そんなときにおすすめなのが、ガラスブロックです。

光は通しますが、視線はさえぎることができるので、

明るさを確保しつつ、プライバシーも確保できる優れものです。

窓だけでなく、間仕切り壁などにも使えます。

実際にガラスブロックを取り入れた施工例をご紹介します。

K邸マンション

玄関からリビングが丸見えにならないようにしてほしい

かつ、玄関が暗くならないようにしてほしい

というご要望で、

ガラスブロックで目隠しの壁を造作しました。

<玄関から見たところ>

ガラスブロックなので、視線は遮られますが

明るさは確保できています。

<リビング側から見たところ>

ガラスブロックは、光の具合でキラキラ色が変化して

見た目もキレイですね(^-^)

左側の鏡に映って2枚のように見えますが1枚です(^-^)

某施設

施工例

 

 

こういうシンプルなガラスブロックもあります。

どちらも明るさは確保しつつ視線は遮られていますね(^-^)

 

 


 

 

★お住まいのリフォームの施工事例をお気軽にご覧いただけます。

 

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」

 

 

 

沖縄でお住まいのリフォームのことなら

(株)あうん工房へお気軽にご相談ください♪

通話料無料のフリーダイヤル

0120-72-4152 まで(^-^)

通風雨戸で風通しの良い暮らし

エアコンだけに頼っていると

体調を崩してしまったり、

電気代も高額になってしまったり・・・。

できることなら、自然の風を取り入れて心地よく暮らしたいですね(^-^)

田舎で縁側があって、窓も開けっぱなしで

自然の風を取り入れてエアコンなしの暮らし

という昔ながらの暮らしが理想ですが、

なかなか、このご時世、防犯的に心配です。

そこで、提案したいのが、窓の外側につける通風雨戸です。

鏡版部分がルーバーになっていて、風を通してくれます。

ルーバーの羽は角度調節ができ、

羽を全開にして窓を開ければ、

自然の心地よい風が入ってきます。

カギもかかるので、防犯上も安心です。

実際にうちのお客様も取り入れました。

通風雨戸以外に通風ドアもあります。

ドアを閉めたままで通風、換気できるので、

風の通る流れを作ることができ、

部屋の中に熱がこもるのを防ぎます。

どちらもリフォームの際に簡単に取り付けることができます(^-^)


★お住まいのリフォームの施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」

沖縄でお住まいのリフォームのことなら

(株)あうん工房へお気軽にご相談ください♪

通話料無料のフリーダイヤル

0120-72-4152 まで(^-^)

気になる部屋内の音の反響の悩みを解決!

部屋内で音が反響するので困っているという

ご相談をたびたび受けることがあります。

最近の住宅は、昔の住宅と違って、

フローリングや石膏ボードなど音を跳ね返しやすい建材が

使われていることが多いため、そういった現象が起こりやすいようです。

一般的に音が反響しやすいのは、柔らかい素材より硬い素材、

凹凸のあるものより平らなものという特徴があります。

先日も借りたい事務所物件を内見に行ったら

音の反響が気になり、リフォームで改善できますか

というお客様からのお問合せをいただきました。

何もない状態の事務所は特に音が反響しやすく、

机や本棚、家具など物を搬入すると

多少反響が和らぐことが多いので、

まずは、事務所に必要なものを搬入してみて、

それでもやっぱり気になるようであれば、

他の方法を試していく方が良いと思います。

リフォームでできることでは、

漆喰や珪藻土の塗り壁仕上げにするとか

吸音材を張る方法などがありますが

費用がかかることがデメリットです。

ですから、費用対効果を考えると

まずはインテリアで工夫することをおすすめします。

これまでの経験上、厚手のカーテンなどは

音の反響をかなり抑えることができます。

よく、学校の音楽室には厚手のカーテンが使用されていますよね。

窓辺には厚い吸音効果のあるドレープの多いカーテンを

使用してみると良いでしょう。

フローリングの床にはカーペットやラグマットを敷く、

壁には大判のタペストリーを掛ける、

ソファーや本棚、観葉植物など家具やインテリア雑貨を置いてみる

など、気軽にできることから試してみることをおすすめします。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」


沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで(^-^)

家事が楽ちんになるリフォームをしたい!

主婦にとって生活する上で避けて通れないのが家事。

私も子供が4人いるので、洗濯をたたんでもたたんでも

掃除はしてもしても又、同じ状態に戻ります・・・

毎日、毎日、やってもやっても、ヤツは、又、やってくる!

イヤ~ッ(笑)です。

そこで、今回は、家事をスムーズに効率的にできる動線を考えた

リフォームについて考えてみたいと思います。

家事が楽になるリフォームのポイント

☆具体的な家事動作をイメージしながら動線を確認し、間取りを考える

例えば、洗濯なら「洗う⇒干す⇒取り込む⇒たたむ⇒しまう」というように

動作がスムーズに行える動線を考え、間取りを考えましょう。

そして、その間取りが我が家の家族の生活スタイルに合うか、

家族がストレスなく生活できるかを考えて計画すると良いです。

☆家事動線を考えた間取りの具体例

〇無駄のない動線を考える

間取りを考える時は、特に玄関⇔キッチン、

水まわり⇔キッチン、水まわり⇔物干しスペースが重要になります。

キッチンと洗濯場(洗面、脱衣所)を近くに配置すると

複数の家事作業を同時進行しやすく便利です。

外国では、キッチンに洗濯機を設置していることも多く、

日本でも最近、増えています。

〇使い方が自由な場所をつくる

家事スペースや畳コーナーなど使い方が自由な場所が

キッチンや洗濯場の近くにあれば、多様な家事に対応できて便利です。

キッチンと洗濯室をつなぐ場所に家事コーナーを作ると

すきま時間を有効に使えて、家事がはかどります。

家事コーナーに取り込んだ洗濯物の一時置き場や

アイロン掛けコーナーを作るのもおすすめです。

また、一緒に収納棚も置いて、リビングに溜まりがちな郵便物や

子供が持ち帰るプリント類などを一か所にまとめると整理しやすくなります。

〇キッチン横や洗濯場横に勝手口があると便利

ガレージや外から出入りしやすい場所に勝手口があると

買い物の荷物を直接運び入れることができ、毎日のゴミ出しも楽ちんです。

洗濯場の横に勝手口があると干す、取り込むがスムーズで、

スペースがあれば、室内に洗濯物の一時干し場を設けると

雨の日も干せて助かります。

〇たたまない収納スペースをつくる

洗濯物をたたむ作業も時間をとられる家事の一つですよね。

洗濯物を取り込んだら、ハンガーごと収納するスペースを

作るとたたむ作業を無くすことができます。

着る服を選ぶ時もその方が見やすく選びやすいメリットがありますね。

リフォームとは関係ありませんが、

〇楽しく家事ができる工夫を(^-^)

毎日、出てくる家事仕事。

どうせやるなら、

音楽を聴きながら、

テレビを見ながら

家族とおしゃべりしながら

楽しく家事をする工夫をしてみてはどうでしょうか。

そして、食器洗浄乾燥機、ガス乾燥機、自動お掃除ロボットなど

家事を楽にしてくれる家電の力も借りると楽になりますね♪

家事動線を考えた間取り、

我が家の生活スタイルに合った家づくりで、

家族みんなに協力してもらいながら、

家事ラクな住みやすくて心地よい我が家にしてくださいね♪

★お住まいのリフォームの施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」


沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152 まで(^-^)

リフォームで部屋が狭い悩みを解決!

生活する空間は、ある程度広い方が居心地よく暮らせますが、

家の事情もあり、限られた空間でやりくりするということが多いですね。

そんな場合、家の面積は広げられなくてもリフォームで生活空間を増やしたり、

広く見せる、スッキリ見せることはできます。

そこで、今回は、リフォームで部屋が狭い悩みを解決する方法をご紹介します。

☆造りつけ収納をつくり、置き家具を減らす

リフォームで収納を増やし、大きな家具を処分することで部屋が広く使えます。古い住宅には造りつけの収納スペースが少ない場合が多く、押し入れも奥行が深く使いづらいので、押し入れをクローゼットに変更することで、大量の洋服が収まり、又、壁一面に奥行きの浅い収納を設けることで収納量を増やすことができます。壁と一体化させることで、圧迫感もなく、スッキリ広く見えます。

壁面収納を設けて空間を有効活用するのもおすすめです。
わずか30cm壁面を凹ませるだけで大容量の収納スペースを作ることができま
す。天井に垂れ壁を設けず、天井から床までの扉を壁と同じ色にすると閉めてい
る時に存在感をなくすことができ、スッキリします。

☆無駄な廊下をなくす

人が通るためだけのもったいない空間になっている廊下は、

可能であれば、なくすと居室をもっと広く使うことができます。

廊下をなくすことで広々と使えたり、収納を増やせるだけでなく、採光や通風な

ども良くなります。

☆子供部屋の狭さはロフトで解消

子供が成長して部屋が手狭になってしまった場合、ロフトを設けてスペースを増やす方法があります。ロフトをベッドとして使ったり、ロフトの下に勉強机を置いて使ったり、クローゼットにしたり、スペースを確保することができます。

S邸(2世帯リフォーム)

☆視覚効果で広く見せる工夫をする

1、段差をなくし、バリアフリーにする。

2、下がり壁を設けない。

天井を続けることで一体感を出し、広く見せることができます。

同じ色、素材で連続させると更に効果大です。

3、大きな鏡を設ける。

天井から床までの鏡を設けることで空間が連続して見える錯覚を起こすので、

広く見えます。玄関に鏡があると広さを感じられるだけでなく、

お出かけ前の全身チェックもでき、おすすめです。

4、カーテンをシェードに変える

カーテンは、存在感があり、部屋を狭く見せます。

シェードにすれば窓回りがスッキリして部屋を広く見せます。

壁に近い色を選ぶと存在感を消すことができ、よりスッキリします。

5.リビングから外のデッキスペースにつながる空間をひと続きに見せる

リビングの掃き出し窓から見えるデッキスペースの床を家の床の高さと合わせ、

床の色もある程度合わせることで、リビングが広くなったように感じられます。

A邸(2世帯リフォーム)

天気の良い日には、窓を開放して広いリビングとしてくつろぐこともできます。

広いデッキでバーべキューもいいですね♪

お住まいのリフォームの施工事例をお気軽にご覧いただけます。

沖縄で信頼のリフォーム会社「あうん工房」


沖縄でお住まいのリフォームに関することなら

信頼できるリフォーム会社「あうん工房」へお任せください。

通話料無料のフリーダイヤル

☎0120-72-4152  まで(^-^)